●●●●●●
原作/新美南吉
脚色・演出/柴崎喜彦 
美術/入澤祥子
音楽/庄子智一
効果/吉川安志
 若くして亡くなった新美南吉の童話、「てぶくろを買いに」は、今でもこどもから、おとなまで多くの人に愛されている作品です。きつねの坊やは、はじめて見た雪と夢中で遊ぶうち、小さな手がこごえてしまいます。かあさんぎつねは、ふもとの町で温かいてぶくろを買ってあげたいとおもいました。けれどもそこには、きつねをねらう人間が住んでいます・・・。
 子どもを見守る母親の愛情と決断、勇気をふりしぼって進む子どものエネルギー。白い森の中から、お話ははじまります。
            
あたたかさを届けたい 演出/柴崎喜彦

 空から降る真綿の雪、コバルトの影…。新美南吉の持つ詩的世界。その作品世界の『雪』と出会うことに憧れたことがありましたが、東京ではもう雪にふれる機会が本当に少なくなりました。

 雪をさわりすぎて、手がちんちんと痛くなってしまった子ギツネ…。雪はあたたかいと言われることがあります。そう、子ギツネが本当にふれた『雪』は冷たいだけだったのでしょうか。『雪』と遊ぶために、もっと出会うために子ギツネは生きる場所の違う人間の住む町へと出かけます。そこで子ギツネが経験すること、それは、お芝居を観ている子どもたちにとって、冒険、自立、そしてつながりやきずな、共存、思いやり…。様々なことを強く感じとってくれることでしょう。

 心の交流が稀薄と感じられる現代だからこそ、古き良き人の情愛の大切さ、家族のつながり、親子のきずな、生命の交流や共存…、この作品に流れるメッセージを伝えたいと感じています。

 雪は積もると何もかもを真っ白に覆ってくれます。それこそ大きな情愛のように。子ギツネが手袋をはめて出会うであろう、あたたかな『雪』に思いをはせ、忘れてはいけないものを届けたいと思います。
  
併演/
原作/五味太郎(絵本館刊) 
脚色・演出/岡本和彦
美術/佐久間弥生 
音楽/吉川安志
ちいさくともきらりと光る作品をお届けする「みにみに劇場」。

自由でユーモラスな絵本作家・五味太郎の世界をお届けします。

心がクスッとゆれ、ポッとあたたかくなる人形劇を
お楽しみください。  
     

―出演者―
佐藤達雄・早川百合子・原山幸子・井上彩香
〈共通スタッフ〉 照明/阿部千賀子 舞台監督/佐藤達雄 制作/石田伸子


上演時間/1時間15分(休憩15分含む)

プーク人形劇場 こどもの公演 ご観劇にあたって
プーク人形劇場は客席数100余名の小さな劇場です。あらかじめお電話か、お申込みフォームよりご予約をお願いします。
○全席自由席ですが、前列は子ども優先席です。また2歳以下の子どもさんは、大人のお膝でご覧ください。
○開場は、開演の30分前。お越しいただいた方から順にご入場となります。
当日券について
  座ってご覧いただける人数分を発行いたします。
  開場時間より受付を開始いたしますが、劇場へのご入場はご予約の方が入られた後となります。


※キャンセルについて
やむを得ない理由(急な病気など)のみ、キャンセルをお受けしております。
その他の場合は、振替や変更をお願いしております。

キャンセルの場合、公演当日でも構いませんので、開演前までに電話でご連絡ください。
注意!無断でいらっしゃらなかった場合は、料金を請求させていただきます。ご了承下さい。

※この公演は杉並子育て応援券が使えません
2017年度より、杉並区子育て応援券はお使いになれません。
2018 2月
3 4 11 12 17 18 24 25
AM10:30
PM2:00
開場/それぞれ30分前
・・・公演あり ・・・まもなく満席 ・・・満席


チケットのお申込みはこちら

または制作部直通 03−3370−3371


入場料/一般
 3130円(消費税230円含)
友の会会員は2480円(同伴は2800円になります)
全自由席 3歳以上均一 65歳以上割引あり

団体観劇も受け付けております。(15名様以上で2050円になります)


※団体観劇にご利用ください。ご希望があれば平日でも団体観劇の公演を行っています。
園・学校の行事に、またグループでのご観劇にぜひご利用ください。
詳しくは、制作部までご連絡ください。
03-3370-3371

会場/新宿南口 プーク人形劇場(JR 新宿駅南口から徒歩7分)
 地図
人形劇団プーク

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3
TEL.03-3370-5128(代表)
  03-3370-3371(制作部直通)
FAX.03-3370-5120
E_mail
puppet@puk.jp