厚生省中央児童審議会最優秀グランプリ受賞作品

審査員絶賛のヒューマニズムあふれた感動の舞台。
原作/矢玉四郎  脚色/野田牧史
演出/渡辺真知子  
人形美術/佐久間弥生  装置/斉藤英一
音楽/長沢勝俊  
照明/阿部千賀子  音響効果/宮沢緑
おはなし
ある日の夕暮れ、おおかみの
じろきちは、山の峠であやという名の小さな女の子をひろって帰ってきました。 そのじろきちに、牛のまんさくとっつぁんが言いました。
「いま食っちまったら、ほんのひと口だ。
三年育てりゃ大きくなって、もっとたらふく食えるぞ……」
それからというものじろきちは、あやが大きくなるのが楽しみで、あやにつきっきりで世話をしました。  
そして三年目……  
あやは、すくすく育ち、やがて赤いほっぺのかわいい女の子に成長しました。
純真な
あやの言動は、じろきちの父性愛をつきうごかし、いまではあやじろきちにとっては最愛の宝物。
                             
<人形劇の新発見>  生越嘉治
 
心温まる作品で、きっと観客席の子どもたちの共感をよぶことだろうが、成功の第一の原因は「あや」の人形にあると私は思う。
 オオカミが人間の赤ん坊をさらってきた。が、「すぐ食うより大きくしてから食うほうが得だぞ」知恵をつけられ、苦心して育てる。やがて赤ん坊が大きくなったころ、オオカミは「おれはこの子を命がけで守る!」と言うようになっていた。−こんな意表をつく展開でありながら「なるほど」とうなずかせ、、ほのぼのとした気持ちにさせてくれるのは物語の力だろう。しかし、それを劇にしてみせる場合、観客が共感するというのは赤ん坊を愛することになることである。だから「あや」の表現が決め手になる。
 大胆なデザインと、その大きな口いっぱいにあけて泣く動きのおもしろさ、かわいらしさ。
 「あや」は、人形劇の新発見と言いたくなるほど新鮮であった。

                          (日本児童劇作の会会員・中央児童審議会審議委員)
作・ボリス・アプリロフ
翻訳/竹内将晃
潤色・演出/岡本和彦
美術/星野 毅
音楽/長沢勝俊
照明/阿部千賀子
音響効果/宮沢 緑
上演にあたって
 生命の誕生の神秘的な不思議、尊厳という重いテーマを、視点をかえ、囲りの大人たちの勝手かつ愉快な言動を通しうかびあがらせます。
 ブルガリアの脚本をもとに、割れないタマゴをめぐり、めんどりコッカとそのすてきな仲間達が、あれやこれやとくりひろげる大騒動を、ほのぼのとあたたかく描きます。
 斬新な演出で話題をよんだ舞台をごらんください。
太陽がゆっくりゆっくりのぼって、朝。コッカのふところに4個のタマゴ。
 1羽、2羽、3羽と生まれ、最後のひとつが???。おんどりペルコがさわぎだし、カラス、ブイチョ、マルコ、コゼラがやってくる。
 われない、われない、われない‥‥‥。

お問合せ先:人形劇団プーク
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3
TEL.03-3370-5128(代表)
  03-3370-3371(制作部直通)
FAX.03-3370-5120
E_mail
puppet@puk.jp