夏のこどもの劇場
好評につき再演決定!

作/トミーアンゲラー
 
脚本/吉川安志  演出/柴崎喜彦 美術/佐久間弥生 音楽/山下康介
 照明/鷲崎淳一郎 効果/吉川安志 舞台監督/伊井治彦 制作/清水治信 宣伝美術/内野洋一

 今回ごらんいただくお芝居は、絵本でだれでも知っている「すてきな三にんぐみ」のお話しがもとになっています。  
 その絵本をつくった原作者のトミー・アンゲラーは、人々から恐ろしいとこわがられている山賊の3人組と天真らんまんな少女との交流をとおして人間の心の奥にある本当の優しさとその美しさを絵本に託しました。  
 今回のプークの舞台は、その絵本の心を大切にしながら、おかしなおかしな3人組を登場させて、原作をとびこえるようなおかしくてユーモラスな笑いに溢れた舞台をお届けします。  
 お芝居を観る子どもたちが、心の扉をおもいきりあけて、舞台から届けられる優しさや笑いで楽しい気持ちになれますように。
前回見ていただいた方の感想です

●私は人形劇ときいて勝手に教育テレビなどでやってるようなものを想像していたのですが、プークさんのは、劇場に映える目鼻がくっきりした大きなお人形さん達が、表現豊かに演じているのですね、大変見ごたえがありました。
映画では途中で寝てしまうことの多い3歳の息子も、大きなお人形さんが動く姿に釘付けになり、最後までおおはしゃぎで見てました。
 お話のセンスもいいですね。カタすぎず、くだけすぎずで、良質の絵本のようでした。 帰りに子供達が「あー楽しかった〜お母さん、連れてきてくれてありがとう!」なんてかわいいことを言っていました。 (Qさん)


●本当に楽しいひとときを過ごさせていただきました。
良く知っているすてきな3にんぐみの話がこんなにも楽しい新しい3にんぐみの話になってしまうとは!
チラシに赤い服の子どもたちがたくさん出ていた訳がようやくわかりひとりでニヤニヤしてしまいました。
今までに何度もプークの人形劇を拝見していますが、子どもたちと同じようにいつもお話の世界にすっかり引き込まれなんとも言えない幸せな気分にさせていただいています。(ルミッチーさん)


<出演者>
安尾芳明 大橋友子 滝本妃呂美 原山幸子 栗原弘昌 
柴崎喜彦
 中山正子 伊井治彦 桐丘麻美夏 山越美和 松澤孝彦 

◆公演日程◆2006年
8月24日(木)〜26日(土)
AM10:30/PM2:00
開演
J R・地下鉄線 他
「新宿」 駅  南口
新南口
タカシマヤ タイムズスクエア紀伊國屋書店7F
紀伊國屋サザンシアター
料金/ 一般3000円 
友の会割引2400円
29日 PM2:00開演 二宮町 ラディアンホール
料金/前売2300円(当日2800円)
団体(10名様〜)2000円
30日 PM2:00開演 狛江 エコルマホール
料金/前売2500円(当日2800円)
団体(10名様〜)2000円
〈全自由席〉

団体観劇申込み受付中!
■15名以上で団体扱いとなります。団体割引=2000円(消費税含む)
■園児(生徒)15名につき先生1名様御招待。 ■お申し込順に席をおとりします。 

すてきなパンフレット&カンバッチができました。
絵は、絵本作家のはまのゆかさん書き下ろしです。当日、サザンシアターロビーのプーク売店にて発売いたします。

数に限りがありますので、お早めに

●パンフレット
絵本のような作りになっております。
劇中歌6曲入りのCDと、手作りおてがみセットが
おまけについてます。¥1200(税込)

●カンバッチ
サイズは直径5.4p

カバンや洋服につけてね。¥350(税込)
お問合せ・お申込み
専用お申込みフォームはこちら
人形劇団プーク
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-3
TEL 
03-3370-3371(制作部直通)
FAX.03-3370-5120

mail puppet@puk.jp
プレイガイド(紀伊國屋公演のみ)
○電子チケットぴあ(5月15日より発売) 
オペレーター対応 TEL0570-02-9988(10:00〜18:00)
Pコード予約   TEL0570-02-9999(Pコード369-108)コチラ

○キノチケットカウンター(新宿駅東口)紀伊国屋書店5F